1. 阪口雅弘,井上 栄:免疫学的方法を用いた室内空中アレルゲンの測定とその応用:ダニ,動物アレルゲンを中心として.空気清浄 30, 10-18, 1993.
  2. 阪口雅弘,井上 栄:ペットアレルゲン.遺伝 48, 34-38, 1994.
  3. 阪口雅弘:スギ花粉症とT細胞エピトープ.現代医療 10,173-175, 1995.
  4. 阪口雅弘, 井上 栄:ゼラチンのアレルゲン性. 感染 炎症 免疫 25, 272-274,1995.
  5. 井上 栄,阪口雅弘:ワクチン安定剤ゼラチンに対する即時型全身性反応.臨床とウイルス 23, 291-295, 1995.
  6. 阪口雅弘,井上 栄:ヒトおよびニホンザルにおけるスギ花粉症の免疫学的解析.モダンメデイア 42, 49-55, 1996.
  7. 阪口雅弘:ペットのアレルギー疾患の診断と治療における今後の展望.小動物臨床102, 4-9, 1996.
  8. 阪口雅弘,井上 栄:ニホンザルおよびイヌにおける自然発症スギ花粉症.アレルギーの領域 3, 62-66, 1996.
  9. 阪口雅弘 ,井上 栄:ワクチン副反応とゼラチンアレルギー.感染症 26, 198-202, 1996.
  10. 阪口雅弘:室内環境中のダニおよびゴキブリアレルゲンの免疫学的定量とその応用. 衛生動物 47, 307-316, 1996.
  11. 阪口雅弘,井上 栄:スギ花粉症における自然発症動物モデル.治療 79, 381-385, 1997.
  12. 阪口雅弘:ペット飼育状況と環境中のペットアレルゲン.アレルギーの臨床 17,100-104, 1997.
  13. 阪口雅弘、井上 栄:予防接種後のアナフィラキシーを含む即時型全身性副反応.Mordern Physician 17, 313-316, 1997.
  14. 阪口雅弘 ,井上 栄:ワクチンの安定剤の検討.臨床と微生物 24, 115-119, 1997.
  15. 阪口雅弘,井上 栄:アトピー性皮膚炎の発症機序. Journal of Modern Veterinary Medicine 29, 5-10, 1997.
  16. 阪口雅弘,井上 栄:ゼラチンによるアナフィラキシー. アレルギー科 3, 464-469, 1997.
  17. 阪口雅弘:環境アレルゲンの定量ーダニアレルゲンを中心にー アレルギーの臨床 17, 494-498, 1997.
  18. 阪口雅弘,井上栄:ワクチンとアレルギー.SRL宝函 21, 86-91, 1997.
  19. 阪口雅弘:予防接種とゼラチンアレルギー.感染症と化学療法 4, 13-16, 1998.
  20. 阪口雅弘:室内環境アレルゲンとしてのペットおよびスギ花粉アレルゲン.公衆衛生研究 47, 19-23, 1998.
  21. 阪口雅弘,井上栄:ワクチンおよび薬剤に含まれるゼラチンによるアナフィラキシー.呼吸 17, 973-977, 1998.
  22. 阪口雅弘:犬のアレルギー疾患におけるin vitro診断法と今後の展望.獣医畜産新報. 51, 835-839, 1998.
  23. 阪口雅弘:スギ花粉アレルゲンエキスの標準化:主要アレルゲンの分析の意義.アレルギー 47, 1233-1236, 1998.
  24. 阪口雅弘:ダニとアレルギー.Associate Doctors and Students (AD&S) 5, 98-101, 1999.
  25. 阪口雅弘:痒みのメカニズム.Journal of Small Animal Medicine 1, 4-9, 1999.
  26. 戸田雅子,阪口雅弘:アレルゲンDNAワクチンによる花粉症の抑制.臨床免疫 32, 186-189, 1999.
  27. 戸田雅子,阪口雅弘:DNA免疫によるアレルギー治療.臨床免疫 32, 622-626, 1999.
  28. 戸田雅子,阪口雅弘:DNAワクチン.医療 54, 89-93, 2000.
  29. 戸田雅子,阪口雅弘:花粉症のDNAワクチン療法.アレルギー科 9, 109-115, 2000.
  30. Sakaguchi, M. Analysis of Japanese monkeys (Macaca fucata) and dogs with naturally occurring Japanese cedar (Cryptomeria japonica) pollinosis. Allergy and Immunology 31, 97-98, 2000.
  31. 阪口雅弘、戸田雅子、平原一樹、白石明郎:スギ花粉症におけるワクチン開発.アレルギー科 10, 185-190, 2000.
  32. 阪口雅弘、戸田雅子、平原一樹、白石明郎、井上 栄:花粉症克服への道:ペプチドおよびDNAワクチンによるスギ花粉症の治療法の開発。Progress in Medicine 20, 2489-2492, 2000.
  33. Sakaguchi, M. and Inouye S. Systemic allergic reactions to gelatin included in vaccines as a stabilizer. Japanese Journal of Infectious Diseases 53,189-195, 2000.
  34. 阪口雅弘、戸田雅子、平原一樹、白石明郎、井上 栄:スギ花粉症の抗原特異的免疫療法. アレルギー科 11,174-179, 2001
  35. 阪口雅弘、戸田雅子、平原一樹、白石明郎、井上 栄:スギ花粉症のアレルゲン特異的治療法。アレルギーの臨床 21, 189-193, 2001.
  36. 阪口雅弘:スギ花粉症におけるアレルゲン特異的ワクチン療法の開発. 日本小児アレルギー学会誌 15, 62-66, 2001.
  37. 阪口雅弘:生ワクチン接種後の全身性即時型アレルギー性副反応の発生状況. 小児臨床薬理・アレルギー・免疫研究会会誌 7, 49-58, 2001.
  38. 阪口雅弘、増田健一、辻本 元、和 秀雄:スギ花粉症における自然発症動物モデル.Journal of Otolaryngology, Head and Neck Surgery 18, 65-68, 2002.
  39. 阪口雅弘、井上栄:スギ花粉症における自然発症動物. 医学のあゆみ 200, 397-400, 2002.
  40. 阪口雅弘:スギ花粉症における次世代の治療用ワクチン開発の現状と将来.医学のあゆみ 200,443-446, 2002.
  41. 阪口雅弘、戸田雅子:スギ花粉症のDNA療法. Modern Physician 22, 213-217, 2002.
  42. 阪口雅弘、平原一樹、白石明郎:スギ花粉症におけるペプチドワクチンの開発.アレルギー科13, 75-79, 2002.
  43. 平原一樹、戸田雅子、白石明郎、阪口雅弘:スギ花粉症に対する新しい特異的免疫療法.生物工学会誌 80, 152-155, 2002.
  44. 阪口雅弘、戸田雅子、平原一樹、白石明郎:アレルギー性鼻炎における先端医療の将来ーワクチン療法.現代医療 34, 1257-1261, 2002.
  45. 阪口雅弘、蟻川奈緒子、岩崎利郎:環境中のペットアレルゲンのモニターリングと環境整備.アレルギーの臨床 38, 692-696, 2002.
  46. 阪口雅弘、井上 栄:ワクチンに含まれるゼラチンによるアナフィラキシー:その発生と解決.最新医学 57,1900-1904, 2002.
  47. 阪口雅弘、高橋裕一:環境アレルゲンの定量. 総合臨床 52, 539-544, 2003.
  48. 阪口雅弘、戸田雅子、平原一樹、 白石明郎:スギ花粉症に対するペプチド療法 の現状. アレルギー科 15,133-139, 2003.
  49. 阪口雅弘、戸田雅子、平原一樹、 白石明郎:スギ花粉症に対する抗原特異的免疫療法. 臨床免疫 39, 308-314, 2003.
  50. 阪口雅弘、平原一樹:花粉症の治療はどこまで進んだか.現代化学 386, 39,-43, 2003.
  51. 大森啓太郎、阪口雅弘、増田健一、辻本 元:犬におけるワクチン接種後アレルギー反応. Journal of Small Animal Medicine 6,30-36, 2003.
  52. 阪口雅弘:スギ花粉症における免疫療法の進展. ケミカルエンジニヤリング49, 421-426, 2004.
  53. 阪口雅弘:室内環境とアレルゲン-空中ダニアレルゲンと環境整備-  静電気学会誌 28, 164-166, 2004.
  54. 阪口雅弘:痒みのメカニズム.Journal for Veterinary Practitioner 17, 8-13, 2004.
  55. 阪口雅弘、蕪木由紀子:スギ花粉症における免疫療法の進展. アレルギー科 19, 77-84, 2005
  56. Sakaguchi, M. and Hirahara, K.: Development of new immunotherapies for Japanese cedar pollinosis. Current Medicinal Chemistry Anti-inflammatory and Anti-allergy Agents. 4, 193-198, 2005.
  57. Sakaguchi, M.: Measurement of indoor airborne mite allergens. Allerogology Interernational 54, 35-38, 2005.
  58. 阪口雅弘、藤村正人:IgE抗体検査とその問題点.Visual Veterinary Dermatology 1, 23-27, 2005.
  59. 藤村孝志、小埜和久、重田征子、阪口雅弘:スギ花粉アレルゲン解析の現状.アレルギー科 19, 557-562, 2005.
  60. 阪口雅弘: スギ花粉症のワクチン療法.Medical Practice 22, 1816-1818, 2005.
  61. 阪口雅弘: スギ花粉症に対する免疫療法の開発と展望.アレルギー科21,7-12,2006.
  62. 阪口雅弘: スギ花粉症におけるDNAワクチン免疫療法.医学のあゆみ 216, 388-392,2006.
  63. 阪口雅弘, 藤村孝志:アレルゲンとしての花粉.臨床検査50,129-137,2006.
  64. 阪口雅弘: アレルゲンの分子生物学的解析 7)ゼラチンアレルゲン.アレルギー・免疫 13, 370-376,2006.
  65. 平原一樹、阪口雅弘: 新しいアレルゲン特異的治療法の開発 2)スギ花粉症に対するペプチド免疫療法.アレルギー・免疫 13, 394-399,2006.
  66. 阪田総一郎、阪口雅弘:酵素ラジカルによるアレルゲンの不活化.クリーンテクノロジー 16,6-9,2006.
  67. 阪口雅弘: アレルギー疾患におけるワクチン療法の進展.小児科臨床59,1237-1244, 2006.
  68. 大森啓太郎、阪口雅弘、辻本 元:犬におけるワクチン接種後アレルギー反応の発生メカニズム.日本小動物獣医師会会誌 46, 3-9, 2006.
  69. 阪口雅弘: ブタクサ花粉症におけるCpGワクチン.アレルギー・免疫13, 1263-1267,2006.
  70. 阪口雅弘: インバリアント鎖にT細胞エピトープ遺伝子を組込んだDNAワクチン療法. 臨床免疫・アレルギー科 46, 252-257,2006.
  71. 阪口雅弘: CpGワクチン.アレルギーの臨床 26, 972-975, 2006.
  72. 藤村孝志、阪口雅弘:スギ花粉アレルゲン解析の現状とその交差性.臨床免疫・アレルギー科 46:613-618,2006.
  73. 阪口雅弘: 花粉症発症のしくみとは? Q&Aでわかるアレルギー疾患2:555-557, 2006.
  74. 阪口雅弘: ペプチド・DNA免疫療法.アレルギーの臨床 27, 35-41, 2007.
  75. 阪口雅弘: スギ花粉症における自然発症動物.治療学41,27-31,2007.
  76. 阪口雅弘: アレルギー疾患におけるDNA免疫療法.日本小児アレルギー学会誌 21, 28-31, 2007.
  77. 阪口雅弘: CpGワクチン.アレルギー・免疫 14, 780-784, 2007.
  78. 阪口雅弘: スギ花粉アレルゲン.Visual Veterinary Dermatology 3, 214-220, 2007.
  79. 白井秀治、阪口雅弘: 室内環境中のダニを中心としたアレルゲン定量. アレルギーの臨床 27,64-66,2007.
  80. 阪口雅弘: ダニアレルゲン.Visual Veterinary Dermatology 3, 315-320, 2007.
  81. 阪口雅弘: 食物アレルゲン.Visual Veterinary Dermatology 4, 49-53, 2008.
  82. 阪口雅弘: スギ花粉以外の花粉アレルゲン.Visual Veterinary Dermatology 4, 120-125, 2008.
  83. 阪口雅弘: 動物アレルゲン.Visual Veterinary Dermatology 4, 209-214, 2008.
  84. 阪口雅弘: アレルゲン遺伝子を組み込んだDNAワクチン. Allergy from the Nose to Lung 6, 8-12, 2008.
  85. 阪口雅弘:IgE抗体検査法. 獣医畜産新報 61,451-455, 2008.
  86. 阪口雅弘: 薬物および医薬品関連製品アレルゲン.Visual Veterinary Dermatology 4, 304-310, 2008.
  87. 阪口雅弘: 昆虫アレルゲン.Visual Veterinary Dermatology 4, 352-356, 2008.
  88. 阪口雅弘: 真菌アレルゲン.Visual Veterinary Dermatology 4, 458-463, 2008.
  89. 阪口雅弘: スギ花粉症におけるDNA免疫療法. 感染・炎症・免疫 38,337-339,2008.
  90. 阪口雅弘: スギ花粉症におけるDNA免疫療法. 獣医畜産新報 62,31-34,2009.
  91. 平原一樹、阪口雅弘: スギ花粉症に対するペプチド免疫療法. 獣医畜産新報 62,27-30,2009.
  92. 阪口雅弘: シックハウス症候群と化学物質過敏症.Visual Veterinary Dermatology 5, 35-38, 2009.
  93.  阪口雅弘: 接触性皮膚炎アレルゲン.Visual Veterinary Dermatology 5,134-139, 2009.
  94. 阪口雅弘: 感作アレルゲンの検査方法.Visual Veterinary Dermatology 5,216-223, 2009.
  95. 阪口雅弘: 新しい免疫療法. 小児科診療 72:1289-1295, 2009.
  96. 阪口雅弘: アレルギー疾患に対する免疫療法と将来の展望.Visual Veterinary Dermatology 5,294-301,2009.
  97. 阪口雅弘: 環境中のアレルゲン測定法.Visual Veterinary Dermatology 5,382-390,2009.
  98. 阪口雅弘: 環境中のアレルゲンの評価.Visual Veterinary Dermatology 5,457-465,2009.
  99. 阪口雅弘:動物アレルギー. 実験動物と環境18, 187-192, 2010.
  100. 川原井晋平、阪口雅弘:犬のバイオバンクプロジェクトの試み. J-Vet 23, 57-64,2010.
  101. 阪口雅弘、白井秀治:室内環境アレルゲン. 空気清浄 48,4-10,2010.
  102. 阪口雅弘:室内環境のペットアレルゲン. 空気清浄 48,28-33,2010.
  103.  阪口雅弘, 藤村孝志:アレルゲン解析の最前線. アレルギーの臨床30, 587-592,2010.
  104. 阪口雅弘:犬のワクチン接種時のアレルギー性副反応. Nippon Jyuishi Kairanban 102,19-23,2010.
  105. 阪口雅弘:動物アレルギー. 実験動物技術45,99-102, 2010.
  106. Sakaguchi, M., Hirahara, K., Fujimura, T., and Toda, M.: Approaches for immunotherapies in Japanese cedar pollinosis. Auris Nasus Larynx 38, 431-438, 2011.
  107. 阪口雅弘:アレルギー疾患に対する根治的免疫療法におけるアジュバントを用いたアレルゲンワクチン. 喘息24,58-62, 2011.
  108. 白井秀治、阪口雅弘:室内アレルゲンの測定.空気清浄 48, 17-23, 2011.
  109. 阪口雅弘:スギ花粉症における自然発症動物と犬のバイオバンクプロジェクト. 関西実験動物研究会会報 33, 64-67, 2011.
  110. 阪口雅弘: アレルギー疾患のDNA免疫療法. アレルギー 60, 1591-1597, 2011.
  111. 白井秀治、阪口雅弘:室内環境アレルゲンの評価.アレルギーの臨床 33,51-56, 2013.
  112. 阪口雅弘:実験動物アレルギーと環境因子. 実験動物と環境21,113-116, 2013.
  113. 阪口雅弘:アレルギーに対する免疫療法:減感作療法と新しい免疫療法の開発.J-Vet 27,8-14, 2014.