ITEA 卵白アルブミン(OVA) ELISA キット (抗体固相化済)

ITEA 卵白アルブミン(OVA) ELISA キット (抗体固相化済)

鶏由来の卵白アルブミン(OVA: オボアルブミン)を定量するELISAキットです。 あらかじめ捕捉抗体の固相化およびブロッキングされたマイクロプレートと酵素標識検出抗体を用いることで、簡便かつ迅速な測定が可能となっております。
in vivoにおけるOVA動態について実験に有用です。

特長

  • 迅速な測定が可能(反応時間2時間15分)

  • 室温で実施可能(恒温器などは不要)

  • マイクロプレートは、開封後に洗浄なしで使用可能

  • コンパクトなパッケージで省スペース化を実現
  • 使用例

  • 研究用OVA試薬の定量

  • トランスフェクトしたOVA発現の評価

  • 血中および乳中のOVA濃度の測定
  • 商品名 コード 包装 保存 価格
    ITEA 卵白アルブミン(OVA) ELISA キット (抗体固相化済) 10203 96ウェル/キット 冷蔵(2-8℃) ¥80,000

    キット内容

    品名 容量 数量
    抗体固相化96ウェルプレート 48ウェル 2袋
    OVA標準液(凍結乾燥) 150
    μl
    1本
    (4測定分)
    酵素標識抗OVA抗体 12 ml 1本
    発色基質液(3, 3’, 5, 5′ -テトラメチルベンジジン:TMB) 12 ml 1本
    反応停止液(1N硫酸) 12 ml 1本
    検体希釈液 25 ml 1本
    洗浄液(10倍濃縮液) 30 ml 2本
    マイクロプレート用シール 3枚
    取り扱い説明書およびSDS 各1部

    性能

    測定範囲 50、25、12.5、6.25、3.13、1.56、0.78 ng/ml
    検出限界 0.78 ng/ml
    カーブフィット 4-parameter logistics、もしくは3次式を推奨

    再現性

    日差再現性 CV 2.7~4.2%
    日内再現性 CV 1.3~3.3%

    濃度の異なる3検体のOVA濃度を独立して3 回測定し算出

    検量線(標準曲線)例

    obj_cry_10204_02_l

    添加回収試験

    検体 希釈率 回収率
    (%)
    正常血清 マウス 10倍 96.5
    ラット 10倍 97.6
    ヒト 10倍 94.5
    ウサギ 10倍 103.5
    イヌ 10倍 103.1
    ウシ胎仔 10倍 105.2
    細胞培養液
    (10%ウシ胎仔血清添加)
    RPMI 10倍 99.5
    DMEM 10倍 103.7

    各種血清および細胞培養液(10%ウシ胎仔血清添加RPMIおよびDMEM)を検体に用いて実施。
    血清または培養液中のOVAを測定する際は、検体を10倍以上希釈すれば正確に測定することが示された。

    参考文献

    <細胞株に発現させたOVA 測定に関する文献>
    Shimizu, Kanako et al. “Systemic DC Activation Modulates the Tumor Microenvironment and Shapes the Long-Lived Tumor-Specific Memory Mediated by CD8+ T Cells.” Cancer Research 76.13 (2016): 3756-3766. [Pubmed]

    Shimizu, Kanako et al. “Vaccination with Antigen-Transfected, NKT Cell Ligand–Loaded, Human Cells Elicits Robust In Situ Immune Responses by Dendritic Cells.” Cancer research 73.1 (2013): 62-73. [PubMed, Fulltext]

    <血中OVA 濃度測定に関する文献>
    Sae-Wong, Chutha et al. “Topical skin treatment with Fab fragments of an allergen-specific IgG1 monoclonal antibody suppresses allergen-induced atopic dermatitis-like skin lesions in mice.” European journal of pharmacology 779 (2016): 131-137. [Pubmed]

    Tanabe, Kana et al. “Antigen exposure in the late light period induces severe symptoms of food allergy in an OVA-allergic mouse model.” Scientific reports 5 (2015). [Pubmed, Fulltext]

    Yamamoto, Takeshi et al. “Oral tolerance induced by transfer of food antigens via breast milk of allergic mothers prevents offspring from developing allergic symptoms in a mouse food allergy model.” Clinical and Developmental Immunology 2012 (2012). Article ID 721085, 9.[PubMed, Fulltext]

    <本キットの概要に関する文献>
    蔵田圭吾, 白井秀治. 生物材料や細胞培養液中の鶏卵由来卵白アルブミン濃度を測定するためのELISAキットの開発、アレルギーの臨床 2012; 32: 177-180.

     

    弊社が販売する製品は全て研究用試薬です。診断検査等に用いることはできません。

    製品のご購入、特注品・別注品のご相談、お問い合わせは
    ITEA株式会社 試薬部門
    電話 03-3526-2031 e-mail reag-info@itea.jp

    ◆製品のご注文書(PDF形式)をダウンロードいただけます。【PDF形式ダウンロード】