掃除機、スチームクリーナー等の技術例はこちら

清掃用品・洗剤の試験 技術例1 製品販売 アイコンの説明はこちら

pic_ex0501
目的
新製品の評価:実環境・実使用を模した試験系における従来品との比較検討
試料形態
モップ
試験方法
フローリングにアレルゲンを散布し、モップ状試料をもちいてそれを除去した。 除去後のフローリング上に残留したアレルゲン量を測定した。
試験結果
除去前と比較した残存率は、新製品では10%、従来品では20%であった。

清掃用品・洗剤の試験 技術例2 製品販売 アイコンの説明はこちら

pic_ex0502
目的
新製品の評価:効果的にアレルゲンを除去できる使用方法の検討
試料形態
モップ
試験方法
フローリングにアレルゲンを散布し、モップ状試料をもちいて異なる3パターンの操作でそれを除去した。 除去後のフローリング上に残留したアレルゲン量を測定した。
試験結果
除去前と比較した残存率は、操作方法Aでは50%、操作方法Bでは20%、操作方法Cでは50%。

清掃用品・洗剤の試験 技術例3 開発 アイコンの説明はこちら

pic_ex0503
目的
開発品のスクリーニング:効果的にアレルゲンを除去できる組成の検討
試料形態
衣料用洗剤
試験方法
組成のことなる3種類の洗剤をもちいて、アレルゲン汚染布を洗濯した。 洗濯後の汚染布の残存アレルゲン量をELISAで測定した。
試験結果
除去前と比較した残存率は、組成Aでは10%、組成Bでは20%、組成Cでは1%。
※ 技術例は一例であり、上記以外の試験方法や試験条件の設定も可能です。